神待ち【女の子を部屋に泊めてエッチしている大学生です】

MENU

大学入学のために地方から上京してきました。
高校生の頃から恋人作ったことがなくって、大学に入ったらきっと素敵な出会いも見つけられるだろうって思っていたんです。
やっぱり東京の生活って何もかも華やかだし、楽しいことばかりだったんですけど、肝心の彼女がなかなか出来ませんでした。
それもしかたないのかもしれません、フツメン以下の俺では気軽に女性と付き合いすると言うことが、やっぱり難しいんですね。
大学ってたくさんの女性いるし、何とかなるような気持ちはあったんですけど、現実の世界はそんなに甘いものではありませんでした。
こうなってくると困ってしまうのは、性的な部分の処理でした。
バリバリと性欲が湧き上がってきてしまう年齢ですから、日々のオナニーは欠かせません。
恋人がいれば、オマンコの穴で気持ちよくなることができるんですけどね。
性欲でムラムラと来ている時に思いついたのが“神待ち”でした。
家出をしたりとか何かしらの理由があって自宅に帰ることが出来ない女性を助けてあげると、そのお礼として肉体関係を楽しむことができるなんて言うんですからね。
以前もこんな話を聞いたことはあったんですが、その時は本当に地方にいたために、そういったタイプの女性と知り合うのは難しいと思っていました。
ですけど、現在は東京という大都会で生活をしているわけですからね。
助けて欲しいと思っている神待ちを見つける事なんて、決して難しいことじゃないって思いました。
東京だったら、それだけの人数の人たちがいるんだし、確実にこのタイプの女性を見つける事はできるでしょう。
せっかく上京して、たくさんの人間が生活をしている都市で生活をするようになったんだし、自分自身もワンルームマンションで一人暮らしをしているんだし、ぜひとも神待ちを見つけて宿泊させていき、大人の関係をたっぷりと味わって行こうかって気持ちが出てきました。
インターネットを使っていけば、神待ちっていうのは確実に発展することもできるでしょうから、スマホで出会い系サイトを利用していき、助けて欲しいと思っている異性探しを開始することにしました。

男にとって夢の様な、セックスだけの関係をこの手にするという期待感でかなりのハイテンションになっていったのです。

 

 学生生活に潤いをもたらしてくれる性生活、これの充実を図ろうと考えて、神待ちの女性探しを始めることにしたのです。
出会い系サイトだったら、助けを求めている女性探しをしていくなんて絶対楽勝だって考えました。
たくさんの出会いを見つけられれば、それだけ充実した性処理を行っていけますから、わくわく状態で相手探しを開始していきました。

 

名前:晴馬
性別:男性
年齢:18歳

 

プロフィール
大学入学とともに地方から上京、それまでは過疎地域で生活していたことから、とても賑やかな都市での生活は素晴らしいと感じていました。
キャンパスでなかなか恋人出来なかったこともあって、性的な処理をするため、神待ちを探し出そうと思ったのです。
宿泊させてあげる代わりに、その肉体を提供して貰うという関係にはとっても耽美なものを感じていました。